空室リスクが解消される|マンション一棟買いで成功させる不動産投資

マンション一棟買いで成功させる不動産投資

男性

空室リスクが解消される

間取り

不動産投資において最も大きな悩みになるのが空室があることです。家賃を収入の源にしているために、空室状態が続けば収入がゼロになります。こうしたリスクを解消するものとして一括借り上げがあります。一括借り上げとは所有する投資用の不動産を不動産会社が借り上げてその物件をさらに転貸するというものです。不動産が借り上げてくれるから空室の心配がないのです。ただし、そうしたリスクがない分だけ手にすることができる家賃は低くなる傾向があります。もちろん、空室リスク解消以外にもメリットはあります。管理の手間がかからないということも挙げられます。清掃業務や定期的な設備点検もオーナーではなく不動産会社が行ってくれます。

一括借り上げを行なう際にも注意が必要となります。それは前述したとおり家賃が保証されているとはいえ、不動産会社が間に入っていることで仲介手数料が差し引かれます。おおよその目安としては10%程度低く設定されます。また、この保証されている賃料も契約更新するたびに減額されていく傾向があります。契約の見直し期間は3年から5年程度になります。さらに、一括借り上げの契約を締結するときには契約書をきちんと見る必要もあります。そのポイントは解約条件と更新手数料についてです。この2つはしっかりと見ておかなければいけません。他にも、入居者が退去した後にリフォーム工事やメンテナンスはどの程度負担するかという項目も見ましょう。